お試し予定のため募集を停止いたします。

DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg

​募集No

74

ミニー

性別

メス

年齢

推定10歳以上

​毛色

体重

4.6kg

人馴

問題なし

状態

膀胱内腫瘤あり経過観察・膀胱炎?治療中、貧血治療中、血液検査実施腎臓経過観察中、フィラリア(+)、軽度白内障、混合ワクチン接種済・ノミダニ駆除・駆虫済

​経緯

千葉県動物愛護センター(本所)より引き取り

性格・その他

小さな小さな豆柴の女の子、可愛らしさ抜群です。

一見おとなしく基本的には穏やかですが、柴らしい頑固な面もしっかりと持ち合わせています。

散歩は気が向けばよく歩き、途中見知らぬ犬に吠え付いたりはしないものの、小さな身体で同居犬たちに負けてはいません。

こんな年齢になってから放浪ののち2つの施設収容から預かり宅へ移動とよほど身体に堪えたのか、または病気で弱ってから放棄されたのかは不明ですが、保護後に一時状態が悪くなり血液検査結果も見て2日間入院しました。

すぐに食欲も戻って退院し抗生物質服用のみで様子をみていましたが、膀胱内の腫瘤が悪性である疑いも消えず、貧血の注射治療を始めました。

年齢と状態から、現時点での手術や精密検査は見合わせるのが妥当と思われます。

現在週1回の通院以外はとりあえず通常の生活ができており、また腫瘤が悪性でない可能性も十分にあることから、ミニーにとっては多くの犬がいる今の環境ではなく、愛情を一人占めしながら静かに暮らすことのできる環境が最良だと考えられます。

どちらにしても犬生の半分以上が過ぎているであろうことは間違いなく、食餌の好き嫌いに対して工夫が必要だったり、体力を見ながらゆ~っくりと散歩させたりと、時間と手をかける必要があります。

先のことも良く良く考慮して、今のミニーをまるごと受け止めてくださるご家族に迎えていただけたらと思います。

最新の状況は、ブログにてご確認のうえ、お問い合わせいただければと思います。

引き続き室内飼育で、必要な健康管理と脱走・逸走防止、近況のお知らせお約束していただける関東圏内のご家庭で、最期のときまで家族の一員として大切にしてくださる方からのお問い合わせを心よりお待ちしています。

預かり場所

東京都品川区

預かり日記

・ブログ

わんこ預かり日記

・インスタグラム