2019年10月、犬の保護団体「いぬ助け」を、設立いたしました。

2002年より関東にて活動を行う犬・猫保護団体から一部有志が独立する形態で発足し、

活動の柱は、動物愛護センターから主として中型雑種成犬を引き出し新たな飼い主に譲渡するというものです。

私たちは2005年よりボランティア譲渡制度を通じて千葉県動物愛護センターとの交流を開始しました。

2012年半ばからは千葉県独自の譲渡選定プログラムが始まり、

徐々に殺処分頭数は大幅に減少して譲渡用として残される犬・猫の頭数は増えました。

かつて犬猫殺処分頭数が毎年のように全国第2位となるほどだった当時から比べればまるで夢のような状況ですが、

動物愛護センターには依然として引き出しを待つ犬・猫たちが常に存在しています。

 

2020年8月からは茨城県動物指導センターにも通い始めましたが、どんなに一生懸命引き出しを続けても収容犬が減るどころか増えていく一方という悪夢のような状況を知ることとなりました。

訪問するたびに愕然とする中、収容犬を減らしていく必要を痛感し、

茨城県内において蛇口を閉めるべく不妊・去勢手術を広めることが不可欠であるとの思いに至りました。

その手始めとして茨城県神栖市での事業を、神栖市からの後援を得て開始いたします。

救済の手を必要とする犬たちがまだまだ多くいる現状において、千葉県・茨城県からの引き出し、

そして茨城県での蛇口閉め活動を柱として続けていきたいとの決意です。

 

シェルター等の施設を持たず、少人数のボランティアのみで活動する「いぬ助け」を、

どうか引き続き応援していただければと思います。

いぬ助け代表 吉田 美枝子

Yoshida_Mieko.jpg