DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg
DSC_0561_edited.jpg

​募集No

56

そうた

性別

オス(去勢手術済)

年齢

推定3歳

​毛色

薄茶

体重

17kg(太り過ぎ・適正12kg程度)

人馴

慎重で少し時間がかかります

状態

フィラリア(−)、混合ワクチン・狂犬病ワクチン接種済み、検便(ー)、ノミダニ駆除済 、マイクロチップ装着済

​経緯

千葉県動物愛護センター(本所)より引き取り

性格・その他

まるで女の子のような優しい顔つきのとても穏やかな男の子です。

体のどこを触っても嫌がらずに、シャンプー、爪切りなども素直にさせます。ブラッシング中は控え目に甘えてきます。

動物愛護センターに収容された後1年以上もの間、人前では排泄・食事をせず気配を消すかのようにケージ隅で過ごしたため、あらゆることに経験不足でとても慎重です。

現在は預かり宅の環境に慣れるに連れ、夜間の家人が寝静まった後に自らサークルを飛び越え階段を上り家中を探索するなど、センター収容当時の様子からはとても想像できないほどの好奇心・体型とかけ離れた身軽さを短期間で見せるようになり、さすが若いだけあって、今後心身ともに大きく変化する予兆のようです。

深夜に排泄や食事だけでなく活発に動き回るなど昼夜逆転の期間を経て、先住犬や人の居る部屋で一緒に過ごすのを好むようになってから、少しずつ生活リズムが整いつつあります。

センター収容時にも、いつ排泄しているのかわからない程自分の居場所を常に清潔に保っていましたが、現在も排泄回数・量はかなり少なめです。トイレシートの認識はなく、深夜自分が落ち着ける場所からなるべく離れた場所で排泄します。まだ排泄場所・時間が定まらないため試行錯誤中です。

食事に関しても、センターで日中人が居る間は食べなかった期間が長かったためか、現在も朝夕2回の食事も食べムラがあり、1日の摂取量は少なめです。

これまで散歩の経験がなく、家から出るのをとても怖がります。 早朝と日没後にトリプルリードを装着して庭に出し、戸外で過ごすことに慣らしています。

外の通りの人声や物音にとても緊張し、後退りして物陰に潜もうとしますが、その都度時間をかけて落ち着つかせると、少しずつ周囲を見回せるようになりました。 庭の中では少し落ち着いて歩けるようになり、時々排泄することもあります。

日々の変化はインスタグラムで紹介していますので、お問い合わせやご応募の前にご覧ください。

落ち着いた環境で、「そうた」の成長を暖かく見守ってくださるご家族とのご縁を希望しています。

引き続き室内飼育で定期的なワクチン接種やフィラリア予防等の健康管理と、必要な脱走・逸走防止対策を施すことをお約束いただける関東圏内のご家庭で、「そうた」を家族の一員として迎え生涯寄り添ってくださるご家族からのお問い合わせをお待ちしております。

預かり場所

千葉県四街道市

預かり日記

・ブログ

ようこそ!ココナッツのお家へ

・インスタグラム

coco_nuts_home311